国内絶滅と思われていた水生昆虫、56年ぶりに再発見!標本の3Dモデルをオンライン公開

ニュース・トピック

 

 QOU理事であり日本を含めモンスーンアジアで陸水生物の研究を行っている鹿野雄一先生が、福岡県保健環境研究所の中島淳専門研究員と共同研究で、国内で絶滅したと思われていた水生昆虫であるタイワンコオイムシを56年ぶりに石垣島から発見しました。

 タイワンコオイムシは、南西諸島、中国、台湾、東南アジア、南アジアに分布していますが、標本を伴う国内からの確実な採集例は1958年が最後でした。南西諸島は稲作水田からサトウキビ畑への転作が進んでいます。タイワンコオイムシが生息するような湿地環境は激変し、国内では絶滅したと考えられていました。

3DモデルはこちらのURLから
https://ffish.asia/?page=file&pid=79120

鹿野先生のtwitter@AsiaFfishウェブサイトでは色々な生き物の写真や3Dモデルが日々更新されています。

記事の詳細はこちら
九州大学
https://www.kyushu-u.ac.jp/f/44008/21_06_14_01.pdf
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASP6Y5VL1P6HTIPE00T.html

コメント